マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

KONAMIのカジノ向け競馬ゲームマシンがマカオの大型IR「MGMコタイ」で稼働…マカオ3施設目の導入例

カジノ2019/08/27 13:50

 マカオの電子カジノゲーム機サプライヤー、アジア・パイオニア・エンターテインメント・ホールディングス(以下、APA)は8月27日、コナミ・オーストラリア社が開発したカジノ向け競馬ゲームマシン「Fortune Cup(中国語タイトル:運財賽馬)」が8月下旬からマカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「MGMコタイ」で正式に稼働を開始したと発表。

 APAによれば、当該マシンは今年に入ってからマカオ半島、コタイ地区のカジノ施設で稼働し、多くのプレーヤーを吸引し、カジノオペレーターからもポジティブな反応を得るなど、成功を収めていたとのこと。今回がマカオで3施設目の導入例となる。

 マシンの特徴として、伝統的なアーケード版の競馬ゲームのスタイル、実際の競馬体験を融合させたことが挙げられる。マシン上のコースで展開するレースの様子をデジタルビデオアニメーションで再現。広東語の実況は香港の著名競馬評論家、洪良錫(サムエル・ハン)氏と共同制作したという。

 コナミ・オーストラリアでは、重要市場であるマカオにおいて、年末までさらに多く設置をしていきたいとしている。

コナミ・オーストラリア社が開発したカジノ向け競馬ゲーム機「Fortune Cup」(写真:Asia Pioneer Entertainment Holdings Limited)

コナミ・オーストラリア社が開発したカジノ向け競馬ゲーム機「Fortune Cup」(写真:Asia Pioneer Entertainment Holdings Limited)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース