マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ経済の短期的見通し「外的要因受け調整続く」

産業・経済2019/09/10 11:04

 マカオ政府経済財政庁の梁維特(ライオネル・リョン)長官は9月9日午後に囲み取材に応じた際、域外における一部の事件や政策の影響を受け、マカオ経済は短期的に調整期が続くとの見通しを示した。

 梁長官によれば、マカオのGDPは今年(2019年)第1四半期、第2四半期と2四半期連続でマイナスとなり、上半期の実施つGDP成長率がマイナス2.5%だったほか、下半期に入って以降のカジノ売上も7月、8月と2ヶ月連続で前年割れ、目下のところ9月の展望についても理想的ではなく、7〜9月のカジノを含むサービス輸出のマイナスも拡大すると予想され、これが第3四半期のGDPに反映されるとのこと。

 なお、一般的に2四半期連続でGDPのマイナスが続くことは経済の技術的不況を意味するが、マカオの状況は異なり、季節性の調整ではなく、近隣地区で発生した事件や米中貿易戦、為替レートの変動(対ドル人民元安)といった要因によるものと指摘。マカオ政府として、消費力、失業率の動向を注視すると同時に、金融システムの経済的抵抗力に対する評価も適宜実施するとした。また、マカオの産業界は抵抗力、回復力を有するとした上、もし経済低迷の長期化や深刻化が進んだ場合、政府として経済振興策を打ち出す考えがあることも明らかにした。

囲み取材に応じる梁維特マカオ政府経済財政長官=2019年9月9日(写真:GCS)

囲み取材に応じる梁維特マカオ政府経済財政長官=2019年9月9日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース