マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの社会福祉関連歳出が返還初期から15倍に…人口増と高齢化進む

社会・政治2019/09/11 10:20

 マカオは今年(2019年)12月20日にポルトガルから中国への返還20周年を迎える。

 マカオ政府で社会福祉行政を管轄する社会工作局の黄艷梅は9月11日午前に出演した地元ラジオ局の生放送番組の中で、政府の社会福祉サービス関連歳出は返還初期に1.7億マカオパタカ(日本円換算:約23億円)だったが、昨年(2018年)には約26.7億マカオパタカ(約356億円)に達したと述べた。増加率はおよそ15倍で、要因として人口増と高齢化が進んでいることを挙げ、高齢者人口は約2倍、障がい者の数は約4割増、人口に占める割合はそれぞれ11%、2%になるという。また、昨年の社会福祉施設に対するサポート額は14億マカオパタカ(約187億円)超、敬老金と障がい者手当の給付総額は9.3億マカオパタカ(約124億円)だったとした。支給額は敬老金(65歳以上に対して年1回支給)が9000マカオパタカ(約12万円)、障がい者手当(年1回支給)が障がいの程度に応じて9000マカオパタカまたは1万8000パタカ(約24万円)。

 マカオ政府では、10部門を横断する高齢者サービス10年行動プランとリハビリテーションサービス10年プランを推進しており、高齢者については445項目、リハビリについては356項目の措置を用意。目下の達成率は6〜7割程度と理想的な進捗で、2020年までに計画を達成できる見込みとした。

マカオ政府社会工作局本部ビル(資料)-本紙撮影

マカオ政府社会工作局本部ビル(資料)-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース