マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港とマカオ結ぶ高速船2社が相次ぎ減便発表…港珠澳大橋開通による旅客の陸路シフトで

珠江デルタ2019/09/17 09:54

 香港とマカオの間のアクセスは、長きにわたって高速船の独壇場だったが、昨年(2018年)10月に港珠澳大橋が開通したことをきっかけに、旅客の陸路シフトが進んでいる。

 マカオ政府統計調査局が公表した最新の旅客統計によれば、今年1〜7月累計の海路経由の入境旅客数は前年同時期から36.5%の大幅減となる延べ401.2万人にとどまっている。

 こういった状況を受け、香港とマカオの間で高速船サービスを展開する2社が相次ぎ減便を発表した。

 このほど、高速船「ターボジェット」運営会社の親会社にあたるシュンタックグループが公表した今年(2019年)中間決算報告書によれば、上半期のフェリーサービス事業の赤字が7000万香港ドル(日本円換算:約10億円)、香港〜マカオ路線の乗客数は32%減の延べ460万人だったという。なお、前年同期には1.6億香港ドル(約22億円)の黒字だった。同社では、今年9月1日から主力の香港(上環)とマカオ(外港)を結ぶ路線の昼間の運航頻度を15分毎から20〜30分毎に変更したほか、夜間時間帯や他路線でも減便を実施した。

 また、高速船「コタイウォータージェット」も、10月からの減便を発表。10月1日からマカオ(タイパ)午前7時発の香港(上環)行き、香港(上環)午後9時半発のマカオ(タイパ)行き、2日から香港(九龍)午前8時15分発のマカオ(タイパ)行き、マカオ(タイパ)午前4時半発の香港(上環)行き、香港国際空港午後2時15分発のマカオ(タイパ)行き、マカオ(タイパ)午前10時15分発の香港国際空港行きなどが減便となる予定。

 高速船を利用する場合、香港〜マカオのフェリーターミナル間の所要時間は約1時間。大橋を利用する場合、両地のイミグレーション施設間を単純往復するシャトルバスの所要時間は約40分、運賃は高速船の半額以下の設定で、運行頻度もピーク時5分毎、ノンピーク時10〜15分毎、深夜15〜30分毎。ただし、フェリーターミナルは市街地にあるが、大橋のイミグレーション施設は両地とも市街地からやや離れた場所(香港側は香港国際空港に近いランタオ島の北部、マカオ側はマカオ半島北東沖に造成された人工島)に位置するため、市街地との間の移動にかかる時間や費用を考慮する必要がある。大橋の香港側のイミグレーション施設については、将来的に香港国際空港と接続する計画がある。

ターボジェット(手前)とコタイウォータージェット(奥)の高速船(資料)=香港・上環のフェリーターミナルにて本紙撮影

ターボジェット(手前)とコタイウォータージェット(奥)の高速船(資料)=香港・上環のフェリーターミナルにて本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース