マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

大型IRギャラクシー・マカオに国際展示場とアリーナ新設…2021年上半期オープン予定

カジノ2019/10/24 09:22

 マカオのカジノ施設は、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ6つの民間事業者によって運営されている。その一角にあたるギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は10月23日、コタイ地区にある旗艦IR(統合型リゾート)ギャラクシー・マカオに国際展示場とアリーナを新設することを正式発表。オープン時期は2021年上半期とした。

 現在、ギャラクシー・マカオでは、第3期、第4期の拡張工事が進められている。

 国際展示場の名称はギャラクシー・インターナショナル・コンベンションセンター(GICC)。美しいデザインと施設レベルの高さを特長とし、没入型テクノロジー、最先端の音響・映像設備・照明、最新の通信システム、各種構成や設定に柔軟に適応できるイベントスペースを完備。合計4万平米のMICEスペースを誇る世界的なイベント会場として、アジアで最も象徴的かつ最新鋭のMICEイベント会場となるとのこと。

ギャラクシー・インターナショナル・コンベンションセンター(GICC)の外観イメージ(写真:Galaxy Entertainment Group)

ギャラクシー・インターナショナル・コンベンションセンター(GICC)の外観イメージ(写真:Galaxy Entertainment Group)

 GICCは、柱のない構造スペースの広さ1万平米見本市用展示ホール、基調演説セッション、セレモニー、パフォーマンス、製品発表向けの650人収容可能な大ホール、2400人収容可能な宴会場、3区間への間仕切り可能な広さ4000平米の会議場、1000人以上収容可能なダンスホール、さらに、多様な飲食店や700室以上の高級ライフスタイルホテルなど、数多くのワールドクラスの施設で構成。イベントプランナー向けのサポートを提供する創造性と革新性を併せ持ったプロ集団、イベント・スタジオ・チームも用意されるという。

 また、アリーナ施設の名称はギャラクシー・アリーナで、収容人数は1万6000人。ワールドツアーコンサートや超大型スポーツイベントに使用する、マカオにおける有数の統合型エンターテインメント施設となるだろうとした。

ギャラクシー・アリーナの内観イメージ(写真:Galaxy Entertainment Group)

ギャラクシー・アリーナの内観イメージ(写真:Galaxy Entertainment Group)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース