マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

第66回マカオGP、前回大会の大クラッシュで重傷負ったフローレシュ選手が復帰出場の見通し

観光2019/11/02 18:59

 「サンシティグループ第66回マカオグランプリ」の開幕を約2週間後に控え、マカオの街はグランプリムードが盛り上がりつつある。

 前回大会の最終日(2018年11月18日)に行われたフォーミュラ3(F3)マカオグランプリ決勝レース中、ドイツ出身の女性ドライバー、ソフィア・フローレシュ選手(当時17)のマシンがリスボアベントと呼ばれる直角カーブ手前でコントロールを失い、ほぼトップスピードの状態で宙を舞い、コーナーのフェンスを突き破ってコース外に飛び出し、記者台に激突するクラッシュが発生。マカオの病院に救急搬送され、第7頚椎の破裂骨折の重傷を負ったことは記憶に新しい。

 マカオグランプリ組織委員会のコーディネーターで、政府体育局局長の潘永權氏は11月2日、マカオ半島中央部にある塔石廣場で開催される事前プロモーションイベント「マカオグランプリ親子カーニバル」のオープニング式典で囲み取材に応じ、フローレシュ選手が今大会に出場する予定であることを明らかにした。

 潘氏によれば、フローレシュ選手側からFIA(国際自動車連盟)に対して再出場意向が伝えられ、FIAによるドライバー選抜テストを通過し、出場選手リストに名を連ねたとのこと。また、同選手はプロフェッショナルなチームがサポートしており、再出場に大きな問題はないとの見方を示した。

慰問に訪れたマカオ政府社会文化庁の譚俊榮長官らと笑顔を交えて歓談するソフィア・フローレシュ選手=2018年11月21日、マカオ・仁伯爵綜合醫院(写真:マカオ政府社会文化庁長官事務所)

慰問に訪れたマカオ政府社会文化庁の譚俊榮長官らと笑顔を交えて歓談するソフィア・フローレシュ選手=2018年11月21日、マカオ・仁伯爵綜合醫院(写真:マカオ政府社会文化庁長官事務所)

 なお、今大会のF3マカオグランプリは、FIA-F3チャンピオンシップが導入した新規格が採用されるため、サーキットがFIAの分類における「グレード2」へアップグレードされる。これに伴い、サーキットの複数箇所で衝突保護フォームと新型安全クラッシュバリアの設置などを含む改良が実施されており、リスボアベントについても緩衝エリアを拡大し、記者台は設置されない。

 フローレシュ選手はマカオで入院中、退院時の記者会見でもマカオでのレースにカムバックしたいとの強い意気込みを語っていた。

サンシティグループ第66回マカオグランプリ親子カーニバルのオープニング式典=2019年11月2日、マカオ・塔石廣場(写真:GCS)

サンシティグループ第66回マカオグランプリ親子カーニバルのオープニング式典=2019年11月2日、マカオ・塔石廣場(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース