マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの世界遺産・聖ポール天主堂跡一帯で盗撮繰り返す…中国本土出身の40代の男逮捕

社会・政治2019/11/06 11:08

 マカオ治安警察局は11月6日、マカオ半島の歴史市街地区にある世界遺産・聖ポール天主堂跡一帯で盗撮行為を繰り返したとして、中国本土出身の無職の男(41)をプライベート生活侵入罪で逮捕、送検したと発表。

 同月2日午後4時頃、治安警察局所属の警察官が聖ポール天主堂跡一帯で防犯パトロール中、スマートフォンを手にした状態でセクシーな服装をした女性に近づく不振な男を発見し、盗撮の疑いがあるとして職務質問を実施。この際、男のスマートフォンのフォトアルバムに、いずれもセクシーな服装をした複数の女性のスカートの中、臀部、大腿部を撮影した写真28点、動画17点が見つかったとのこと。男は警察の調べに対し、自身に盗撮癖があるとした上、当日は撮影目的でマカオを訪れ、現場付近で撮影対象を物色しながら撮影していたなど、犯行を認める供述をしたという。

 聖ポール天主堂跡はマカオを代表する世界遺産建築物のひとつで、常に多くの観光客で賑わう場所。

聖ポール天主堂跡一帯で盗撮を繰り返したとして逮捕された男(写真:マカオ治安警察局)

聖ポール天主堂跡一帯で盗撮を繰り返したとして逮捕された男(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース