マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

今年初の閑散期、ホテル業界の見通しは

産業・経済2013/03/14 09:50

マカオでは春節大型連休後からイースターまでの間が今年初めての閑散期となっている。業界関係者によると、伝統的なホテルの客室稼働率は前年同期比約10%減、客室単価も5-10%の下落という。春節に満室状態となったコタイ地区の一部ホテルについても稼働率が半分以下に落ち込む。

14日付地元有力紙「澳門日報」が伝えた。マカオのホテル客室供給数が昨年約6,000室増加していることから、ホテル業界では需給バランスが変化したことによる価格競争による顧客争奪戦の様相を呈している。

マカオ政府統計調査局の資料によると、昨年(2012年)のマカオのホテル総数は100軒、客室総数は26,069室となっており、客室数は23,356室だった前年と比較して16.6%増えた。また、今年初頭に約2,000室を持つシェラトンマカオの新棟がオープンしたことから、ここ一年の間に客室供給数は6,000室近く増えたことになる。

伝統的なホテルの関係者によると、今月(3月)の客室稼働率は6-7割程度とみる。春節連休後の閑散期にマカオを訪れる旅客数がホテル客室の供給増に追いついていないこと、コタイ地区のカジノリゾート併設ホテルによる低価格によるプロモーション攻勢などの影響という。伝統的なホテルでは、中国本土の旅行社と連携し、これまでマカオと隣接する珠海に宿泊していた旅客のマカオへの誘致などを進めていくことなどを計画しているという。なお、3月末のイースター休暇は、対象が香港からの旅客。香港からの旅客はインターネットを通じたホテル予約を好む傾向があるといい、プロモーションのラインナップが豊富でウェブサイトを通じた予約システムも整うカジノリゾート付設ホテルが有利とみられる。しかしながら、イースター休暇の予約の出足は遅いという。

2012年から2013年初頭にかけ相次いで開業したサンズコタイセントラル内のホテル(資料)―本誌撮影

2012年から2013年初頭にかけ相次いで開業したサンズコタイセントラル内のホテル(資料)―本誌撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース