マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、チームラボの常設インタラクティブ体験施設の名称が「チームラボ スーパーネイチャー」に決定…大型IRヴェネチアン内に2020年2月正式オープン予定

観光2019/11/15 17:27

 マカオのカジノIR(統合型リゾート)運営大手でコタイ地区にIR施設群「サンズリゾートマカオ」を展開するサンズチャイナと日本のウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」は11月15日、サンズリゾートマカオを構成する大型IR「ヴェネチアンマカオ」に新規オープン予定の常設型インタラクティブ体験施設の名称が「チームラボ スーパーネイチャー」に決まったと発表。

 また、正式オープン時期については2020年2月を予定しており、2020年1月21日からプレオープンするとのこと。

 ロケーションは、ヴェネチアンマカオのコンベンション棟「コタイエキスポ」のL3フロアにあるホールF。天高8メートル、広さ5000平米というスケール感を活かした非常に複雑かつ高低差のある立体的な空間に、新作を含むチームラボの作品群を展示するという。

 施設のコンセプトについては、「チームラボ スーパーネイチャーは、アートコレクティブ・チームラボによる、人間と自然、そして世界への新しい認識を模索する作品群によって構成された1つの巨大な世界であり、人々の身体と作品との境界面が曖昧な作品群を中心にした《身体ごと没入するミュージアム》。人々は、他者と共に、身体ごと作品に没入し、創造し、作品と一体化する。そして、身体と作品の境界の認識を曖昧にし、私たちと世界との連続的な新しい認識を模索する。」とした。

 同日よりチケットの発売もスタート。料金はレギュラーチケットが238マカオパタカ(日本円換算:約3200円)、午前10時から正午までの入館に適用されるモーニングエントリーチケットと子供料金が168マカオパタカ(約2270円)。このほか、ファミリーパッケージも用意されている。

 開館時間はプレオープン期間中が午前10時から午後8時まで(最終入館午後7時15分)、正式オープン以降は午前10時から午後10時まで(最終入館午後9時15分)。毎月第2、第4火曜日が休館日となる。なお、開館時間はシーズンにより異なるとしており、訪問にあたっては事前に公式サイト等で確認しておきたい。

The Infinite Crystal Universe, 2018, Interactive Installation of Light Sculpture, LED, Endless, Sound: teamLab © teamLab

The Infinite Crystal Universe, 2018, Interactive Installation of
Light Sculpture, LED, Endless, Sound: teamLab © teamLab

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース