マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ経済の多元化進む…カジノ産業への過度な依存からの脱却図る施策が奏功

産業・経済2019/12/15 10:20

 マカオ経済の屋台骨となるのがゲーミング(カジノ)産業だ。近年、マカオ政府は従来の過度なゲーミング産業への依存体質を改善するため、経済の適度な多元化を図る施策を相次いで打ち出している。

 マカオ政府統計調査局は12月13日、「2018年マカオ経済適度多元発展統計指標体系分析レポート」を公表。

 マカオの総体経済におけるゲーミング産業の占有率は依然として他の産業よりも大きいものの、その割合は2018年に50.5%まで下落し、ノンゲーミング(非カジノ)産業の産業付加価値が5割近く(49.5%)を占めるようになり、経済靭性の強化に有利な状況になった。

 また、ゲーミング産業の興隆を受け、その他の主なノンゲーミング産業(建設業、ホテル業、卸売・リテール業、飲食業、運輸・倉庫・通信業、金融業、不動産・ビジネスサービス業)も近年非常に大きな発展を遂げ、一部のノンゲーミング産業の発展スピードはゲーミング産業をはるかに上回った。ほかにも、カジノ売上の内訳についても、VIPルームの占める割合が縮小傾向にある一方で、マス(平場)は拡大。ゲーミング企業における2018年のノンゲーミング要素による売上は対前年18.5%増となり、連関効果を示した。

 マカオ政府経済財政庁はレポートの中で、経済の適度な多元化の基礎が形成されたと指摘した。

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース