マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、勤務先のカジノから複数回にわたりチップ持ち出す…ディーラー職の女逮捕=動機はギャンブル依存

社会・政治2019/12/17 09:58

 マカオ司法警察局は12月16日、コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)併設カジノに勤務するマカオ人のカジノディーラー職の女(56)について、勤務先から少なくとも5回にわたってゲーミング(カジノ)チップを持ち出したとして、業務上横領容疑で逮捕したと発表。

 警察発表によれば、12月14日午後2時頃、カジノ施設の監視部門スタッフが1人のディーラーがゲーミングテーブルを担当中に不審な動きをしたのを発見し、詳しく調査を行ったところ、チップ置き場から額面1万香港ドル(日本円換算:約14.1万円)のチップ1枚を掌の中に隠すようにして抜き取り、素早くシャツの袖に入れており、休憩で持ち場を離れた際に、バックヤードにある個人用ロッカーに持ち込んだ可能性があるとして、上長を通じて警察に通報があったという。

 通報を受けた警察官が現場に駆けつけ、当該ディーラー職の女の身柄を確保。女は警察の調べに対し、客が少ないタイミングを狙い、同様の手口で1万香港ドルのチップを5回にわたって持ち出したと犯行を認める供述をしたとのこと。警察が女の個人用ロッカーを捜索したところ、1万香港ドルのチップ1枚が見つかった。女は過去4回分の計4万香港ドル(約56万円)分のチップについては、すでに使い果たしたと説明。犯行動機については、ギャンブル依存が理由と話しているとした。女はこのカジノ施設に勤務して5年とのこと。警察では、女を業務上横領罪で送検する方針。

 マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくチップを使用する。チップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。1枚10万香港ドル(約141万円)以上の高額チップも存在する。

 チップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばチップを狙った犯罪が発生している。

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース