マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

12月26日午後に香港・マカオでも部分日食が出現…気象台が観測時に太陽を直視しないよう呼びかけ

観光2019/12/25 16:20

 マカオ政府地球物理気象局(気象台)は12月25日。明日(26日)午後にかけてマカオでも部分日食が出現するとした上、市民に対して観察時に太陽を直視しないよう呼びかけた。

 マカオ気象台では、比較的安全な観察方法としてピンホールまたは望遠鏡を使って太陽投影板に投影する方法、日食グラスの使用を挙げた。ただし、これらの方法でも、必ず目を休めながら観察する必要があるとした。

 マカオ気象台発表による26日の天気予報は、晴れ時々曇り、気温16〜25℃となっており、観察できる可能性がたかそうだ。

 なお、マカオ気象台では詳しい日食時間を発表していない。参考までに、マカオから約70キロ東に位置する香港の天文台発表情報は下記の通り。

・始まり:12時17分 仰角44° 方位角178°(南)
・最 大:13時55分 仰角39° 方位角207°(南南西)
・終わり:15時22分 仰角27° 方位角226°(南西)
*香港・マカオと日本の時差は1時間。日本の正午が香港・マカオの午前11時

 次回、香港・マカオで観測可能な日食は2020年6月21日(夏至)で、今回と同じく部分日食となる。

2019年12月26日の香港における日食期間中の太陽と月の仰角及び方位角イメージ(図版:香港天文台ウェブサイトより)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース