マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオと中国本土を約5分で結ぶ渡し船が4年ぶり復活へ…運航本数も3倍超に=マカオ・内港〜珠海・湾仔ルート

珠江デルタ2019/12/30 16:03

 マカオ特別行政区政府は12月30日に記者会見を開き、2016年1月から運休していたマカオ・内港と中国本土の広東省珠海市湾仔を結ぶ渡し船サービスについて、2020年1月23日から再開すると発表した。

 運休の理由は、中国本土側(湾仔)イミグレーション施設の検査設備の老朽化によるもので、このほど設備の更新が完了したことから、再開につながったという。

 内港〜湾仔ルートの渡し船は約35年の歴史を持つ。運休前の運航本数は1日あたり約34便で、長い昼休みがあり、かつ夕方までに限定されていたが、再開後は運航時間を午前7時から午後10時までに拡大、従来の3倍超となる1日あたり110便(約15分間隔)の運航を予定しているとのこと。所要時間は約5分で変わらず。

2020年1月23日から再開されるマカオ・内港フェリーターミナル(GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース