マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのIR施設内で中国人ギャンブラーがカジノで勝って獲得した約113万円盗まれる

社会・政治2020/01/20 09:43

 マカオ司法警察局の発表によれば、1月11日午後、中国本土出身の男性からコタイ地区にあるIR(統合型リゾート)内でバックパックに収納していた8万香港ドル(日本円換算:約113万円)の現金を盗まれたと通報があったという。

 この男性は、IR併設のカジノVIPルームでプレイした結果、勝って配当金を獲得したため、同日正午頃、その全額にあたる25万香港ドル(約355万円)を現金化してバックパックに入れて持ち出した後、施設内で昼食をすませた後に友人と会って、17万香港ドル(約242万円)を手渡し、2人で1時間ほどホテル内を散策している途中、バックの中のものを取ろうとしたところ、ファスナーが開いており、中にあった8万香港ドルがなくなているのに気づき、盗まれたものとみて警察に通報したと説明しているとのこと。

 警察が捜査に着手しているが、これまでのところ被疑者の逮捕には至っていないという。

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース