マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、カジノディーラーと客に扮した仲間が組み不正行為繰り返す…配当を盛る手口で少なくとも78回

社会・政治2020/01/24 11:32

 マカオ司法警察局は1月23日、不正行為によりカジノ運営企業をに損失を与えたとして、コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)併設のカジノに勤務するマカオ人のカジノディーラー職の女(52)とその仲間で香港人の無職の女(47)の2人を業務上横領罪で逮捕、送検したと発表。

 警察発表によれば、1月21日にカジノ運営会社の監視部門から「1人のディーラーが1人のギャンブラーと組んで不正な配当を出している」との通報があったことから、警察官を現場に急行させて調査を行い、その結果、2人を逮捕するに至ったという。

 調査の過程で、監視カメラで録画されていた映像にギャンブラーがベットして勝った際、不正に配当を盛る行為が確認されたとのこと。1月18日から21日までの間に、同じ手口で少なくとも78回にわたって不正が行われ、カジノ運営企業の被害額は現時点で判明しているものだけで約8.9万香港ドル(日本円換算:約125万円)に上るとした。

 ギャンブラーは警察の調べに対して非協力の姿勢をみせているが、ディーラーはギャンブラーとカジノでの業務中に知り合い、金欠だったことからギャンブラーからの誘いに乗って犯行に手を染め、報酬としてすでに3万香港ドル(約42万円)を手にしたなどと供述しているとのこと。また、、逮捕時にギャンブラーは犯行を通じて得たものとみられる1万6500香港ドル(約23万円)の現金と2万0600香港ドル(約29万円)分のゲーミング(カジノ)チップを所持していたという。

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

 マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくチップを使用する。チップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。1枚10万香港ドル(約141万円)以上の高額チップも存在する。

 チップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばチップを狙った犯罪が発生している。

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース