マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際空港発着の主に中国本土・台湾線154便が欠航に…2月8日までの間、日本路線は影響なし=新型コロナウイルス防疫対策

産業・経済2020/01/29 09:32

 中国・湖北省武漢市で集中発生している新型コロナウイルスによる肺炎(通称:武漢原因不明肺炎)。世界各地で感染拡大に対する懸念が高まる中、中国本土からのインバウンド旅客が多いマカオでも、官民の間で各種防疫対策が進んでいる。

 マカオ国際空港が1月28日に発表した内容によれば、1月29日から2月8日にかけて、同空港を発着する154フライトが欠航になるとのこと。欠航を予定している航空会社はマカオ航空、中国東方航空、上海航空、吉祥航空、アモイ航空、カンボジア航空で、就航地は中国本土と台湾の複数都市とカンボジアのプノンペン。マカオ航空が就航する日本線路線に影響はない。

 このほか、1月23日に新規就航したばかりの台湾・星宇航空が運行する台北との間のフライトについても、1月30日から3月28日まで順次欠航するという。

 なお、中国国際航空(CA)と中国南方航空(CZ)線が運航するマカオと武漢の間の直行便については、すでに運休となっている。

 マカオ国際空港運営会社にあたるCAMでは、近日、マカオ国際空港においても防疫対策が強化して臨んでおり、整然とした秩序が保たれているいるとしている。昨年(2019年)のマカオ国際空港の年間旅客数は約960万人で過去最多だった。

 本稿執筆時点(マカオ時間29日午前9時20分)のマカオにおける新型コロナウイルス感染確認者数は7人で、いずれも武漢からの旅客。最後の感染確認は27日夜で、28日は新規感染確認はなかった。

1月27日のマカオ国際空港旅客ターミナルビル出発フロアの様子(写真:CAM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース