マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのIR併設ホテルの一時休業相次ぐ…4軒目はソフィテル=新型肺炎流行による宿泊客減

産業・経済2020/02/07 18:35

 中国・湖北省武漢市で集中発生している新型コロナウイルスによる肺炎(通称:武漢原因不明肺炎)。世界各地で感染拡大に対する懸念が高まる中、中国本土からのインバウンド旅客が多いマカオでも、官民の間で各種防疫対策が進んでいる。

 2月7日夕方にマカオ政府新型コロナウイルス感染対策センターが開催した記者会見の中で、政府旅遊局からマカオ半島内港地区にあるIR(統合型リゾート)ポンテ16に併設する5つ星リゾートホテル「ソフィテルマカオ アット ポンテ16」が同日から一時休業したと発表された。同ホテルの客室数は408室。

 前日の記者会見で、コタイ地区にあるIRに併設する「フォーシーズンズ ホテル マカオ」、「セントレジス マカオ」、「コンラッド マカオ」の3軒の5つ星リゾートホテルの7日からの一時休業が発表されたばかり。3ホテルの合計客室数はおよそ1400室。

 昨今、マカオでは新型コロナウイルスの流行による影響でインバウンド旅客数が急減。年間最大の書き入れ時となる春節ゴールデンウィーク(1月24〜30日)の平均客室稼働率は前年の同じ時期から43.8ポイントもの大幅な下落となる52.9%にとどまった。また、防疫対策の一環として、2月5日からはマカオの全カジノ施設が15日間の休業に入ったばかり。旅遊局によれば、一時休業の理由はいずれもこのところの宿泊客の減少による運営会社のビジネス上の判断によるものという。

 このほか、マカオ半島にあるグランドハーバーホテル(3つ星)が6日から一時休業。コタイ地区にあるポウサダマリーナインファンテ(4つ星)は1月30日から政府が借り上げ、湖北省からの旅客の隔離施設として使われている。

マカオ半島内港地区「ソフィテルマカオ アット ポンテ16」外観(資料)–本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年2月25日発刊 (3月号 vol.081」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース