マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

輸出減少も輸入は伸び継続―2月対外商品貿易統計

産業・経済2013/03/29 09:25

マカオ政府統計調査局は28日、今年(2013)年2月の対外商品輸出入統計を発表。輸出は前年比12%減の5.8億パタカ、輸入は同3%増の58.3億パタカとなった。2月の貿易赤字は52.6億パタカとなった。

今年1~2月の合計は輸出が前年同期比24%増の15.8億パタカ、輸入は同17%増の130.2億パタカ。貿易赤字は114.4億パタカ。

1〜2月の輸出先のうち、香港が9.8億パタカ、中国本土が2.0億パタカでそれぞれ前年同期比48%、23%増だった一方、米国が7,394万パタカ、欧州連合(EU)が4,573万パタカで同9%、18%の減少となった。

1〜2月の輸入元については中国本土の41.5億パタカ、EUの34.2億パタカで、それぞれ前年比22%、25%増。品目ではコンシューマーグッズが84.2億パタカで23%増となり、そのうちフード及び飲料が12%増の16.6億パタカ、ゴールド製ネックレスが93%増の15.4億パタカ、腕時計が31%増の9.7億パタカで、小型乗用車及びオートバイが34%増の5.5億パタカ。

1〜2月の対外商品貿易総額は146.1億パタカに達し、前年同期の124.3億パタカから17%の増となった。

なお、1〜2月の商品輸入総額に占める日本の割合は約5%で、中国本土(32%)、香港(12%)、フランス(10%)、イタリア(9%)、スイス(8%)に次ぐ。

コンシューマーグッズの大半を輸入に頼る(写真はイメージ)―本紙撮影

コンシューマーグッズの大半を輸入に頼る(写真はイメージ)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース