マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ警察が街頭で賭けカードゲームに興じていた男4人を不法賭博で検挙…直近1週間で同様の事案3件目

社会・政治2020/02/25 10:21

 マカオ治安警察局は2月24日、同月22日に不法賭博でマカオ居民(マカオ居留権保有者)の男4人(年齢50〜80歳)を検挙したと発表。

 警察発表によれば、警察官がマカオ半島北部の黒沙環地区で巡回パトロール中、街頭にある屋外休憩所に男4人が集まって「十三張」(中華圏でメジャーなポーカーベースのカードゲーム)と呼ばれる違法な賭博に興じているのを発見。現場にはプレイングカード(トランプ)1セットがあり、警察官が職務質問を行ったところ、4人の所持品から賭けで得たものとみられる3980マカオパタカ(日本円換算:約5万5000円)の現金が見つかった。警察の調べに対し、いずれも賭博行為を認めた上、1ゲームあたりの掛け金は20マカオパタカ(約270円)だったと説明したとのこと。警察では、4人を送検済み。

 なお、同じくマカオ半島北部の青洲エリアでも同月17日、20日に街頭にある休憩所で十三張に興じていた男女計10人が違法賭博で検挙されたばかり。

 昨今、マカオでは新型コロナウイルスによる肺炎の防疫対策として、政府が不要不急の外出を控えること、大人数で集まらないことなどを市民に通達。これを受け、警察が市内の巡回パトロールを強化して臨んでいる。また、マカオでは2月5日から19日まで全カジノ施設が休業していたが、20日午前0時から一部を除いて営業を再開している。

警察が公開した街頭で行われていた賭けカードゲームの証拠品(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース