マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの公園でプレーリードッグ見つかる…密輸された個体か

社会・政治2020/03/09 10:03

 マカオ市政署(IAM)は3月8日、マカオ半島の外港フェリーターミナル近くにある貯水池(レザボア)の公園内でプレーリードッグ1匹を発見し、保護したと発表。

 プレーリードッグはリス科の動物で、原産地となる北米の草原地帯(プレーリー)に生息している。IAMによれば、マカオでは法令によって輸入、取得、飼育が禁止されており、マカオには生息しておらず、輸入された記録もなかったとし、密輸された個体が棄てられたものとみて警察に通報したたのこと。

 現在、このプレーリードッグはIAMの運営する犬舎に収容され、隔離検疫を受けており、獣医の診断では健康状態は良好という。

 市政署では、市民に対して法令遵守を呼びかけている。

マカオの公園で見つかったプレーリードッグ(写真:IAM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース