マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ・内港と珠海・湾仔結ぶ渡し船が運休…新型コロナ影響=マカオ発着航路がゼロに

珠江デルタ2020/03/27 13:54

 マカオ政府海事・水務局は3月27日、マカオ・内港と広東省の珠海・湾仔結ぶ渡し船について、同日から運休すると発表。再開時期は未定。

 今回の運休について、同局では広東省における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策上の入境制限強化に伴うものとした。広東省当局は26日夜、27日午前6時から全イミグレーション施設において入境旅客(香港・マカオ・台湾居民及びトランジット含む)に対する新型コロナウイルス核酸検査(NAT=Nucleic Acid Test)と自費による14日間の隔離検疫を必須とする措置を発表していた。

 すでにマカオと香港、広東省の各地を結ぶ高速船については運休となっており、マカオ発着航路はゼロという状態に。いずれも再開のめども明らかになっていない。

 なお、現時点でもマカオと香港、広東省の間はそれぞれ陸路でのアクセスは可能。ただし、香港、広東省のいずれもマカオから訪問する場合は14日間の隔離検疫の対象となっている。

 近日、中国本土では外国からの輸入症例の増加に対する警戒が高まっており、水際対策を強化する動きがみられる。

マカオ・内港フェリーターミナル(GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース