マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの下水工事現場から大砲が出土…文化局が学術鑑定へ

観光2020/04/18 09:38

 マカオ半島内港エリアの道路工事(下水管整備事業)現場で4月16日、考古学的価値のあるとみられる古い大砲が(砲身部、全長約1メートル)が見つかった。

 マカオ政府文化局(ICM)が17日に発表した内容によれば、周辺を確認したところ、他の遺物はなかったという。出土した大砲については、同日午後に文化局の倉庫に搬送した後、同局が学術鑑定を行う予定とした。

 内港エリアはかつてマカオの主要な海の玄関口だった場所。マカオでは、今年1月下旬以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策により市内の交通量が減少していることを受け、各種道路工事を前倒し実施するなどの策を講じている。

マカオ半島内港エリアで出土した大砲(写真:ICM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース