マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノ運営6陣営の19年通期業績出揃う…純利益合計約5500億円超

カジノ2020/04/30 13:30

 マカオカジノ規制当局にあたるDICJ(政府博彩監察協調局)公表資料によれば、昨年通期(2019年1〜12月)のカジノ売上(Gross Gaming Revenue=GGR)は前年から3.4%減の2924.55億マカオパタカ(日本円換算:約3兆9060億円)だった。

 VIPルームによる売上を反映するVIPバカラ売上が18.6%減の1352.28億マカオパタカ(約1兆8061億円)、カジノ売上に占めるVIPの割合は8.6ポイント下落の46.2%となり、第1四半期から4四半期連続で過半数を割り込んだ。一方、マスゲーミング(いわゆる平場)のバカラ売上は17.9%増の1207.73億マカオパタカ(約1兆6130億円)。マスのバカラ売上は2015年から5年連続で伸長しており、VIPからマスへのシフトが進んでいることが伺える。

 マカオのカジノ施設は、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ6つの民間事業者によって運営されている。このほど、6陣営の昨年通期の業績発表が出揃い、4月22日及び29日付のマカオ政府公報に掲載された。2社が増収、4社が減収だったが、いずれも多額の黒字を計上しており、6陣営の純利益合計は413億マカオパタカ(約5516億円)にも上った。6陣営業績ダイジェストは下記の通り。

 マカオ半島を主な拠点とし、「リスボア」ブランドのカジノ施設を展開することで知られるSJMホールディングス社の純売上は349億マカオパタカ(約4661億円)で、このうちカジノ売上は1.5%減の342億マカオパタカ(約4568億円)。調整後EBITDAは7.9%増の41億マカオパタカ(約548億円)、税引後純利益は36億マカオパタカ(約481億円)。また、グループ全体の税引後純利益は33億マカオパタカ(約441億円)。

 マカオ半島で「スターワールド」、コタイ地区で「ギャラクシーマカオ」などの大型IRを展開するギャラクシーカジノ社(ギャラクシーエンターテインメントグループ=GEG)の純売上は6%減の505億マカオパタカ(約6746億円)、純利益は3%減の137億マカオパタカ(約1830億円)。

 マカオ半島で「サンズマカオ」、コタイ地区で「ヴェネチアンマカオ」、「サンズコタイセントラル」、「パリジャンマカオ」などの大型カジノIRを展開するヴェネチアンマカオ社(サンズチャイナ)の純売上は711億マカオパタカ(約9497億円)、純利益は4.9%増の168億マカオパタカ(約2244億円)。

 マカオ半島で「ウィンマカオ」、コタイ地区で「ウィンパレス」の大型IRを展開するウィンリゾーツ(マカオ)社の純売上は8.7%減の372.5億マカオパタカ(約4976億円)で、このうちカジノ売上は9.5%減の351.2億マカオパタカ(約4691億円)。調整後プロパティEBITDAは12.6%減の97億マカオパタカ(約1296億円)、純利益は58.68億マカオパタカ(約784億円)。

 マカオ半島で大型IR「MGMマカオ」、コタイ地区で「MGMコタイ」(18年2月開業)を展開するMGMグランドパラダイス社(MGMチャイナホールディングス)の純売上は18.6%増の198億マカオパタカ(約2645億円)、調整後EBITDAは27.2%増の63億マカオパタカ(約842億円)、純利益は165.7%増の21億マカオパタカ(約281億円)。前年第1四半期に開業したMGMコタイ分が上乗せとなったかたち。

 コタイ地区で大型IR「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」及び「スタジオ・シティ マカオ」、タイパ島で「アルティラマカオ」、マカオ半島を中心に「モカ・クラブ」ブランドでスロット専門カジノを展開するメルコリゾーツ(マカオ)社(メルコ・リゾーツ&エンターテインメント)の純売上は11%増の47億米ドル(約5007億円)、純利益は12%増の6.4億米ドル(約682億円)。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース