マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオで例年通り海開き…マスク着用して密避けて=遊泳シーズン10月末まで

観光2020/05/01 10:04

 マカオでは3週間以上にわたって新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規感染確認がゼロとなっており、域内の状況は落ち着いているといえるが、厳格な防疫措置は維持されている。

 きょう(5月1日)、マカオでは例年通り海開きを迎えた。10月31日までの遊泳シーズン中、マカオ政府海事・水務局(DSAMA)がコロアン島のハクサビーチ(黒沙海灘)とチョクワンビーチ(竹灣海灘)にライフセーバー及び看護師を派遣して遊泳者への救護サービスを提供する。

 遊泳にあたり、ライフセーバー及び看護師による救護サービス提供時間と、フラッグの種類及び意味合いを再確認しておきたい。

 まず、ハクサビーチとチョクワンビーチにおけるライフセーバー及び看護師による救護サービス提供時間は5月1日から10月31日までの月〜金曜が午前10時から午後6時まで、土曜・日曜・パブリックホリデーが午前9時から午後6時までとなっている。

 フラッグ(図版参照)については、「緑色」が一般安全ルールを遵守した上での遊泳可能で、「黄色」が「遊泳に適さない」、「赤色」が「入水不可」、「チェッカー」が「ライフセーバー不在」を意味する。

 ハクサビーチとチョクワンビーチには無料のロッカールームとシャワーが完備されている。マカオで遊泳可能なパブリックビーチはこの2ヶ所のみ。

 DSAMAでは、新型コロナ防疫対策として、ビーチを利用するにあたってマスクを着用すること、1メートル以上の対人距離を保ち密集を避けるとともに、マスクを破棄する場合は必ずゴミ箱の中に入れて散乱させてないようにし、ビーチの衛生環境保持に留意するよう呼びかけている。

 なお、体育局の管轄下にある公共スイミングプールについては、現在までオープン見合わせが続いている。

マカオ・コロアン島の南部にあるハクサビーチ(写真:DSAMA)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース