マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ司法警察局とカジノ運営6社が新型コロナ終息後の客数増見据えた警備対策テーマの検討会開催

カジノ2020/05/19 18:17

 マカオ司法警察局は5月19日、同局本部ビルにマカオ政府とコンセッションを結ぶカジノ運営6社の保安部門担当者を招集し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)終息後の客数増を見据えた警備対策をテーマにした検討会を開催した。

 マカオでは19日まで41日連続で新型コロナの新規感染確認がゼロとなっており、状況は落ち着いている。司法警察局によれば、今後マカオの流動人口が増加に転じると見込まれる中、カジノ関連犯罪発生の予防、情報共有、緊急事態への対応について、警察と運営会社の間で連携を一層強化するのが目的とのこと。

マカオ司法警察局がカジノ運営6社を招集して開催した検討会の様子=2020年5月19日(写真:マカオ司法警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース