マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

新型コロナ流行下の世界禁煙デー、マカオ政府衛生局が禁煙への取り組み促す

社会・政治2020/05/31 10:24

 マカオ政府衛生局(SSM)は世界保健機関(WHO)が制定した禁煙を促進するための記念日「世界禁煙デー」(毎年5月31日)に合わせてコメントを発表。

 SSMによれば、2011年に16.9%(男性31.4%、女性3.8%)だったマカオの喫煙率(15歳以上人口に喫煙者の割合)は2019年に11.2%(男性21.9%、女性2.4%)まで下落したとのこと。また、SSMが2019年に実施した調査で、マカオ居民の関節喫煙(受動喫煙)曝露率は、自宅が17.2%、飲食店が7.1%、屋内事業所が10.3%だったという。

 このほか、WHOは喫煙が肺へ損傷を与え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染した場合の重症化リスクが高まる可能性があると指摘したことを挙げ、あらためて禁煙への取り組みを促した。

マカオの新型コロナウイルス核酸検査スポット(資料)=タイパフェリーターミナル内(写真:SSM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース