マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノ監理部門DICJ、警察畑のアドリアーノ・ホー新局長が就任

カジノ2020/06/10 18:57

マカオ政府のカジノ監理部門、博彩監察協調局(DICJ)の新局長として、6月10日付で前保安長官事務所顧問のアドリアーノ・ホー(何浩瀚)氏が就任。

上位部門にあたる経済財政庁のレイ・ワイノン(李偉農)長官は同日行われた就任式の中で、ホー氏について長年にわたって保安部門(主に司法警察局)に身を置き、ゲーミング(カジノ)施設の監察を含む幅広い職務を担当し、豊富な経験、専門的な能力、責任感を有する人材と評した。

また、現行のカジノ経営権契約が2022年6月に満期を迎えるにあたり、政府は再入札に向けた準備を粛々と進めているとした。

なお、前任のパウロ・マルチンス・チャン(陳達夫)氏は検察畑だった。DICJ長官を辞任後は検察院に戻っている。

6月10日付でDICJの新局長に就任したアドリアーノ・ホー氏(写真:マカオ政府経済財政長官事務所)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース