マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、台風シーズン迎え避難所の点検実施

社会・政治2020/06/13 11:09

 マカオでは、例年6月中旬から9月下旬にかけてが台風シーズンとなる。目下、台風がマカオに接近中で、今週日曜日(6月14日)に最接近するとみられ、暴風雨が予想されている。マカオの半径800キロ圏内に入る台風はこれが今シーズン初めて。

 近年、マカオでは大型台風による大きな被害が発生しており、政府が災害に強い街づくりを掲げ、ハード、ソフトの両面で様々な防災対策を充実させてきた。そのうちのひとつとして、避難センターの開設が挙げられる。現在、政府社会工作局が教育青年局、体育局、市政署、衛生局と協力し、避難センターを16ヶ所、緊急時の集合・避難場所が4ヶ所を設けている。

 社会工作局は6月11日、台風シーズンを迎えるにあたって、各避難所を巡回視察し、防湿マットレス、寝袋、枕、毛布といった物資の保管状況などの点検を実施したとのこと。また、食料のサプライヤーとも飲料水及びベーシックな食品の供給体制を整えるよう随時確認を行っているとした。

マカオ政府社会工作局による避難所の点検の様子=2020年6月11日(写真:マカオ政府社会工作局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース