マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府、来年度は歳出引き締めへ…新型コロナ影響

産業・経済2020/06/22 10:36

 6月22日付のマカオ特別行政区行政長官令で、来年度(2021年1〜12月)の政府各部門の歳出について、今年度当初予算から経常支出を10%削減しなくてはならないと規定された。

 また、各部門の分割による年度を跨ぐ支払いのうち、最後の支払いが年内から来年あるいはそれ以降となる場合、詳しい解釈を付けることを必須とした。

 マカオでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策によってインバウンド旅客が激減。歳入の約8割を占めるカジノ税収が大幅に低迷している。また、防疫対策、経済支援対策による歳出増もあり、今年度は財政準備からの拠出金で赤字を埋めている状況。

マカオ特別行政区政府本部ビル(資料)—本紙撮影

マカオ特別行政区政府本部ビル(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年6月24日発刊 (7月号 vol.085」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース