マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの市街地で盗撮繰り返した男逮捕…妻に露見しデータ消されるも衝動抑えられず再開

社会・政治2020/08/15 10:26

 マカオ治安警察局は8月14日、マカオの市街地で複数の女性の脚部を盗撮した疑いで、マカオ人の自称無職の30代の男を逮捕、不法録画・撮影罪で検察院送致したと発表。

 警察発表によれば、今年(2020年)7月下旬、マカオ半島の市街地中心部にある南灣大馬路付近で男がスマートフォンを使って通行人の女性のスカート内を盗撮したのを目撃したという通報が寄せられたとのこと。すぐに警察官が現場へ向かうも、男を発見できなかったが、SNSを通じて同一エリアで同類の事件がいくつか発生していたことを認知し、以降は人員を増やしてパトロールにあたっていたという。8月12日、パトロール中の警察官が同エリアにある蘇亞利斯大馬路において通行人の女性を追い、スマートフォンで盗撮しているものとみられる挙動不審の男を発見し、職務質問を行ったところ、スマートフォンの中から同日撮影された約40点の盗撮画像及び動画が見つかった。

 男は警察の調べに対し、昨年から盗撮を始め、先月からこのエリアで複数回盗撮を繰り返していたと犯行を認める供述をしたとのこと。また、過去に盗撮した100点を超える画像と動画データを妻に見つかり消去させられたが、近日になって衝動を抑えられず、犯行を重ねてしまったなどと説明したとのこと。

 その後、警察官が28〜36歳の被害者6人に連絡し、いずれもこの男に撮影されたものであることが確認された。目下、警察では余罪の追求も進めており、被害者が増える可能性も否定できないとした。

 昨今、マカオでは盗撮事件がしばしば発生している。警察は今回の事件を受け、盗撮犯は追尾または定点方式で撮影機会を伺っているとし、バス停やエスカレーターで近くに不審な人物がいないか気をつけるよう、重ねて女性に対して呼びかけている。

不法録画・撮影罪で検察院送致された男(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース