マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、中国本土からの密入境者が偽造のPCR検査陰性証明使いカジノ入場…支援役含め4人逮捕、背後に組織存在か

社会・政治2020/09/23 11:00

 目下、マカオでは新型コロナウイルス感染症防疫措置の一環として、カジノ施設入場時のマスク着用、検温、核酸検査(PCR検査)陰性証明の提示などが法令によって必須とされている。

 マカオ治安警察局は9月21日、マカオへ密入境した上、偽造された身分証及び拡散検査陰性証明を提示してカジノ入場したとして、中国本土出身の20代の男を逮捕、検察院送致したと発表。

 同月17日、警察官がカジノ施設が建ち並ぶマカオ半島北京街付近をパトロール中に挙動不審の男を発見し、職務質問を行ったところ、男が密航したことを白状したとのこと。男は今年(2020年)3月にオーバーステイ及び罰金支払い拒否によって1年間のマカオ入境禁止処分を受けていたという。

 男は警察の調べに対し、自身がギャンブル依存であり、同郷者の紹介で密航と偽造書類を手配できる人物の紹介を受け、約3万5000人民元(日本円換算:約54万円)を支払って水路マカオへ密航、マカオ上陸後は密航グループのメンバーにホテルへ案内され、偽造の身分証を受け取り、その身分証を使ってカジノ入場に必要な健康コードを取得する方法を教わり、職務質問を受けるまで何日もカジノを渡り歩いていたなどと供述したとのこと。

マカオ検察院へ送致される密航者及び密航グループメンバーら(写真:マカオ治安警察局)

 その後、警察はマカオ域内でこの男の密航を支援した疑いで香港出身の男、中国本土出身の男女各1人の計3人を相次ぎ逮捕することに成功。警察では、背後に組織が存在する可能性があるとして、主犯格及び他のメンバーの行方を継続して追っているとした。

 逮捕された4人のうち密航者は文書偽造及び伝染病予防治療法違反、他の3人についても文書偽造、密航ほう助、収容の罪でマカオ検察院へ送致されている。

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース