マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

北京・王府井でマカオ観光プロモーションイベント開催…中国本土とマカオの往来制限緩和受け

その他2020/09/27 10:33

 マカオと中国本土における新型コロナ流行状況が落ち着いたことを受け、7月中旬から両地の往来にかかる水際対策が段階的に緩和が進んでいる。

 7月15日から両地の間で水際対策が一部緩和(新型コロナウイルス核酸検査の陰性証明書の提示などの条件付きで14日間の隔離検疫を免除)されたほか、中国本土居民を対象にしたビザに相当するマカオ渡航許可(個人・団体観光旅行)の申請についても、当初は広東省に限定されていたが、9月23日から中国本土全域に拡大された。

 マカオ政府旅遊局(MGTO)では、マカオ渡航許可申請が中国本土全域で再開されたことを受け、中国本土におけるマカオへの注目を集める目的で北京の銀座とも呼ばれる繁華街、王府井(ワンフージン)のメインストリートで観光プロモーションイベント「北京マカオウィーク」を開催している。

「北京マカオウィーク」開幕式の様子=2020年9月26日、北京・王府井(写真:MGTO)

 マカオウィークの開催期間は9月26日から29日までの4日間。登録から15周年を迎えた世界遺産(マカオ歴史市街地区)をはじめ、メイドインマカオの商品、マカオ独特の文化、グルメ、スポーツ催事、エンターテインメンチコンテンツなどを紹介している。また、大型IR(統合型リゾート)やマカオ航空などの企業もブースを出展。官民が一体となってマカオの多種多様な見どころをアピールする機会となっている。

 国際観光都市として知られるマカオ経済はコロナ禍でインバウンド旅客が激減したにより大打撃を受けている。中国本土からのインバウンド旅客が約7割を占めることから、マカオ渡航許可申請の全面再開に対する期待は大きい。

「北京マカオウィーク」のスポーツ催事ブースを視察するVIPゲストら=2020年9月26日、北京・王府井(写真:MGTO)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年10月23日発刊 (11月号 vol.089」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース