マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの統合型リゾートMGMで10年以上続くオクトーバーフェスト、コロナ禍もコンセプト変更し開催継続

観光2020/10/16 10:17

 マカオの統合型リゾート(IR)運営会社の一角、MGMは10年以上にわたってドイツ・ミュンヘンの伝統的なビール祭を再現した「オクトーバーフェスト」をマカオで開催し、秋のイベントとしてすっかり定着した。

 今年はコロナ禍で厳格な防疫対策が講じられており、水際措置強化に伴いインバウンド旅客数も大きく減少している。MGMのオクトーバーフェストといえば、野外の特設会場でドイツビールやドイツ料理はもちろんのこと、毎年、本場のドイツ・ミュンヘンからバンドを招聘し、賑やかなライブ・パフォーマンスを楽しめるのも魅力となっている。目下、外国人の入境が禁止となっているため、例年同様の雰囲気で開催することは困難な状況だ。

 MGMチャイナは10月15日、オクトーバーフェストの代替イベントとして、「チアーズ、マカオ!」を同社が運営するコタイ地区のIR施設「MGMコタイ」の館内中央にある巨大アトリウム「スペクタクル」で開催すると発表。期間は10月23日から11月1日の毎日午後6時から11時まで。会場の四方には大小合わせて25ものLEDスクリーンが設置されており、音楽と映像を駆使してお祭りムードを醸成するとした。午後6時から午後8時までのハッピーアワーには190パタカ〜(日本円換算:約2500円、別途サービス料10%加算)でドイツのパウラナーまたはオランダのハイネケンビールの飲み放題が楽しめるほか、各種ドイツの名物料理も取り揃えるとのこと。

 特別な年となった2020年。これまで中止となった大型イベントも少なくない。一方、マカオでは新型コロナの封じ込めに早い段階で成功し、落ち着いた状況が続く中、今回のMGMのように、恒例イベントを試行錯誤の上で継続開催することで、マカオのムードを盛り立てようとする動きも見受けられる。

特別な年となった2020年に開催される「MGMオストーバーフェストマカオ」の代替イベント「チアーズ、マカオ!」の会場イメージ(写真:MGM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース