マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの路線バスが観光名所タイパヴィレッジのレストランに突っ込む…7人重軽傷=事故原因はパーツ故障か

社会・政治2020/11/08 11:52

 マカオ・タイパ島の観光名所として知られるタイパビレッジで11月7日正午頃、営業運転中の路線バスが海鮮レストランに正面から突っ込む重大交通事故が発生した。

 事故現場は変則的なロータリーで、本来バスは右折して進むところ、事故車輌はそのまま直進。ガードレールは設置されておらず、歩道を乗り越えてレストランに正面から突っ込んだ後に停止した。

 警察及び消防の発表を総合すると、事故当時、バスには約20人の客が乗っており、このうち6人が軽傷を負った。また、レストランは開店前で客はいなかったが、店内にいた従業員1人が事故の衝撃で崩れた瓦礫に挟まれ、事故発生から約50分後にレスキュー隊によって救出。肋骨骨折などの重傷で病院へ搬送され、手術を受けたが、命に別状はないという。

マカオ・タイパヴィレッジで発生したレストランに路線バスが突っ込む重大交通事故の現場で対応にあたる警察官と消防士ら=2020年11月7日(写真:マカオ治安警察局)

 バス運転士は警察の調べに対し、事故現場すぐ手前にあるバス停で客を乗降させた後に発車した途端、パーツの故障によるものとみられる操縦不能に陥ったなどと説明しているとのこと。警察では、事故原因はパーツの故障とみられるが、事故車両の調査などを通じて詳細な原因究明を行うとしている。

 バスを運行する新福利社によれば、運転士は入社20年以上のベテランで、今年6月のボディチェック結果は合格、これまでの運転記録も良好だったという。事故車両については2018年に導入したもので、10月31日にメンテナンス及び検査を完了したばかりだったとのこと。同社では保有する同型(中国・金龍客車製の10.6メートル車)の14台を運用から外して車検に回すという。

 なお、マカオ政府工務局がレストランの入居するビルを検査した結果、今回の事故による建物の構造への影響はないことを発表している。

消防によるレストラン店内でのレスキュー活動の様子=2020年11月7日(写真:マカオ消防局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース