マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノIR運営大手サンズチャイナ、地元学生向け奨学金として約1320万円寄付=14年連続実施、累計1300人超が受給

社会・政治2020/11/12 11:20

 マカオでヴェネチアンマカオ、サンズマカオなど複数の大型カジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナは11月11日、マカオの6つの高等教育機関に通う地元学生を対象とした奨学金、フェローシップとして100万マカオパタカ(日本円換算:約1320万円)を寄付したと発表。

 今回の奨学金、フェローシップの受給対象者は108名で、各教育機関が過去1年間の成績及び経済状況などを勘案した上で選定するとのこと。が開催された。

 サンズチャイナの王英偉(ウィルフレッド・ウォン)社長(写真右から2人目)は11月4日に小切手授与セレモニーにおいて、長年にわたり地元の学生の教育と育成を重視しており、毎年の奨学金の寄付を通じて還元を実現するとともに、マカオ政府が掲げる「人材がマカオを築く」という方針へ積極的に関与し、マカオの将来のを担う若者の育成に貢献しているとコメント。同社は2006年から14年連続で奨学金の寄付を続けており、これまでの寄付総額は1140万マカオパタカ(約1億5044万円)超、受給者は1300人超に上るとした。

サンズチャイナから地元高等教育機関への小切手授与セレモニーの様子=2020年11月4日(写真:Sands China Limited)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース