マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、クリスマスイルミネーションの点灯スタート…コロナ禍税収減に伴い予算は5割カット

観光2020/11/29 10:26

 ポルトガルと中国の文化が融合し、東西文化の交差点と称されるマカオ。クリスマスシーズンは春節(旧正月)と並び、街全体が華やかなムードに包まれる。

 例年、マカオ市政署(IAM)が世界遺産建築物や広場、公園、幹線道路などに趣向を凝らしたクリスマスデコレーションを設置し、市民や観光客を魅了している。今年(2020年)も11月下旬までに準備が整い、夜間のイルミネーション点灯がスタートした。点灯期間は来年1月上旬までの予定。

 今年はコロナ禍に見舞われ、インバウンド依存度の高い観光都市マカオ経済も大打撃を受けた。税収減に伴う緊縮財政の実施によって、今年のクリスマスデコレーション実施予算も前年から約5割カットの510万マカオパタカ(日本円換算:約6670万円)に。デコレーションの設置場所が前年から約20ヶ所少ない55ヶ所となる。

 今シーズンのクリスマスイルミネーション点灯後最初の週末にあたる11月28日(土曜日)にメイン会場にあたる世界遺産・セナド広場のクリスマスツリー周辺を取材したが、例年通りの華やかさで、予算削減の影響は全く感じさせなかった。ただし、人出は例年と比較すると少ない印象だ。

 目下、マカオでは約5ヶ月にもわたって新型コロナ新規感染確認例がなく、封じ込めに成功している。マカオと中国本土で状況が落ち着いたことを受け、両地の間では往来制限の緩和が進み、9月下旬までに中国本土におけるマカオ渡航許可(ビザに相当)が全面再開された。中国本土からのインバウンド旅客はスローペースながら回復基調にあり、クリスマス、年末年始、春節と観光シーズンが続くことから、観光関連業界では期待が膨らんでいる。

世界遺産・セナド広場に設置されたクリスマスツリー=2020年11月28日本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年4月24日発刊 (5月号 vol.095」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース