マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港、1/7単日の新型コロナ新規感染確認数33人…感染経路不明は第4波下で最少=衛生当局「流行緩和傾向も防疫対策緩めずに」

珠江デルタ2021/01/07 19:05

 人口約750万人の香港では、昨年(2020年)11月下旬から新型コロナウイルス感染症の流行「第4波」が続いている。

 香港政府は1月7日夕方の記者会見で、同日午前0時時点集計の単日の新規感染確認数が33人だったと発表。内訳は市中感染が29人、輸入性が4人。新規感染確認数は19日連続で2桁にとどまったが、昨年11月21日以来最少(25人)だった前日からは増加に転じた。ただし、感染経路不明は前日から2人減の5人で、第4波下で最少に。このほか、陽性予備群(初歩感染確認者)は30人超とのこと。

 依然として市内各所で集団感染(クラスター)や集合住宅(マンション、宿舎)における感染連鎖も続いている状況。第4波下で2度目のクラスターが出現した東九龍の藍田将軍澳トンネル工事現場では、この日11人の新規感染確認があった。香港衛生当局で1月11日から密接接触者を電話方式で追跡するための指揮所を設置し、規律部隊員約100人が任務にあたり、状況に応じて増員することも明らかにした。

 ここまでの香港における累計感染確認数は9108人、退院者数は8258人、死者数は154人。

 香港衛生当局では、直近1週間の新規感染確認数が296人で、流行が緩和傾向にあるとの見方を示した上、市民に対して状況を再び悪化させないため、防疫対策を緩めないよう呼びかけた。

 香港政府は英国や南アフリカで感染力が強いとされる変異種のウイルスが出現したこと、クラスター及び感染経路不明事案が続いていることなどを受け、相次いで防疫措置の厳格化を図っている。飲食店での同席数を2人までとし、夕食時間帯の営業を禁止するなどの現行のソーシャルディスタンス措置を1月20日まで延長。幼稚園、小学校、中学校(日本の中学・高校に相当)は対面授業を見合わせる事実上の休校措置も旧正月休みまで継続することが発表済み。

香港特別行政区のイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年12月23日発刊 (1月号 vol.091」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース