マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ 2020年第4四半期の観光物価指数は対前年15.26%下落…コロナ禍ホテル客室価格下落など受け

産業・経済2021/01/14 13:25

 マカオ政府統計調査局は1月14日、昨年第4四半期(2020年10〜12月)の観光物価指数が前年の同じ時期から15.26%の下落となる118.21だったと発表。

 指数下落の主要因はホテル客室価格、衣料品価格の下落で、ネックレス価格の値上がり分が一部を相殺したとのこと。分類別の価格指数でみると、宿泊が49.89%、衣類・履物が12.49%、娯楽・文化活動が7.56%のそれぞれ大幅な下落。その他物品については3.93%の上昇だった。

 同年第3四半期の観光物価指数との比較では2.68%の上昇。冬物衣料のシーズンイン、土産用食品の販売価格が上昇に転じたことから、衣料・履物と食品・たばこ・酒の価格指数が5.34%、5.22%のそれぞれ上昇。料飲と宿泊についても4.96%、3.85%のそれぞれ上昇だった。交通については8.33%下落。

 昨年通期の観光物価平均指数は、前年から8.20%下落。コロナ禍でホテル客室価格が顕著な下落となったほか、料飲サービス費、衣服、土産用食品価格も下落し、ネックレスと航空券価格の上昇が一部を相殺したかたち。分類別の価格指数でみると、宿泊が28.49%、衣類・履物が13.75%のそれぞれ大幅な下落だった一方、その他物品と交通・通信は4.49%、3.89%のそれぞれ上昇だった。

 観光物価指数は海外(中国本土、香港、台湾含む)からマカオを訪れた旅客がマカオにおいて購入した商品及びサービス(食品、たばこ、衣料・履物、宿泊、飲食、交通・通信、薬品及び個人用品、エンターテイメント・カルチャーアクティビティ、雑貨)の価格変動を反映するもの。2009年10月〜2010年9月を100としている。

新型コロナの影響でインバウンド旅客が激減したマカオ。写真は観光名所、世界遺産・聖ポール天主堂跡=2020年7月5日本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年12月23日発刊 (1月号 vol.091」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース