マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの池で繁殖力強い外来種のザリガニ「ミステリークレイフィッシュ」発見…生態系破壊危惧

社会・政治2021/02/11 10:29

 マカオ市政署(IAM)は2月10日、マカオ・タイパ島の大潭山茶花園にある池で「ミステリークレイフィッシュ」と呼ばれる外来種のザリガニを発見したと発表。何者かが遺棄したものである可能性があるとのこと。

 IAMでは、ミステリークレイフィッシュの繁殖力は非常に高く、生態系を破壊する恐れがあるとし、生態環境保護の観点から生物の遺棄をしないよう呼びかけ、場合によっては処罰されることもあるとした。
 
 ミステリークレイフィッシュは大理石模様が特徴で、英語ではマーブルクレイフィッシュとも呼ばれる。IAMによれば、オスが存在せず、メスだけで単為生殖するのが特徴で、1匹の一度あたりの抱卵数は200個と多い上、生命力も極めて強いとのこと。ミステリークレイフィッシュによる生態系の破壊はハンガリー、チェコ、日本でも確認されているという。

 IAMは発見場所の池における駆除作業を終えたが、今後も巡回を強化して状況を見守るとした。

ミステリークレイフィッシュのイメージ(写真:IAM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース