マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

「シェイクシャック」マカオ1号店が4月中旬ソフトオープン…IR「ザ・ロンドナー」内=マカオ限定メニュー&グッズも豊富

観光2021/04/16 20:12

 米ニューヨーク発の人気ハンバーガーレストラン「シェイクシャック」のマカオ1号店がいよいよ4月中旬にもソフトオープン(テスト営業)開始を予定している。

 出店場所はコタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「ザ・ロンドナー・マカオ」併設ショッピングモールの2階(ショップ番号2200)。店舗のインテリアはマカオを象徴するハスの花をモチーフにしたといい、モダンでエレガントな雰囲気が漂う。座席数は102席で、ゆったりとしたテーブル配置に。窓際席からはザ・ロンドナー・マカオの吹き抜けに面し、広場を見下ろすことができる。

IR「ザ・ロンドナー・マカオ」内にある「シェイクシャック」のマカオ1号店(写真:Shake Shack Macau)

 メニューはアンガスビーフ100%のパティを使用した「シャックバーガー」や創業時から人気を誇るソーセージとポテトロールは最高を組み合わせたホットドッグ、クリンクルカットのフライ、自家製レモネードをはじめとする定番メニューのほか、マカオ限定メニューも用意されている。

シグネチャーメニューの「シャックバーガー」とクリンクルカットのフライ(写真:Shake Shack Macau)

 マカオ限定メニューの具体例としては、「ジンジャークラッシュ」(ミルクセーキにジンジャージュース、パイナップル&マンゴーピューレをミックスし、ホイップクリームと生姜糖をトッピングしたもの)、「オラ・セラデューラ」(マカオの名物スイーツで、バニラアイスに細かく砕いたクッキー、トーストしたココナッツ、モルトパウダーをブレンドしたもの)、「クイーン・オブ・タルト」(バニラアイスにマカオの名物スイーツとして知られるエッグタルトをカットしたものとストロベリーピューレをトッピングしたも)などが挙げられる。

マカオ店限定メニューの例。左から「ジンジャークラッシュ」、「オラ・セラデューラ」「クイーン・オブ・タルト」(写真:Shake Shack Macau)

 また、マカオ店限定のグッズも豊富に用意されている。マージャン牌、プレイングカード(トランプ)、ダイスセットといったマカオらしいイメージを体現したものや、世界遺産・聖ポール天主堂跡をモチーフにした「シャックTee」(Tシャツ)などで、お土産として喜ばれそうだ。

マカオ店限定グッズの例。左からプレイングカード、ダイスセット、シャックTee(写真:Shake Shack Macau)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年7月23日発刊 (8月号 vol.098」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース