マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのジャイアントパンダ館が無料化…1組のつがいと双子の4頭を飼育・展示

観光2021/04/19 20:12

 カジノや世界遺産のイメージが強いマカオだが、コロアン島の石排灣郊野公園内にはマカオジャイアントパンダパビリオンがあり、1組のつがい(オスの開開/Kai Kaiとメスの心心/Xin Xin)、2016年6月26日に誕生した双子(いずれもオスで健健/Jian Jianと康康/Kang Kang)の4頭が飼育、展示されている。

 同館を管轄する市政署(IAM)は4月19日、5月1日から同館の入館料を無料化すると発表。より多くの市民、観光客が参観しやすくすることで、公衆のジャイアントパンダ及びその保護活動に対する認知向上につながることを期待するとした。

 現在の入館料は10マカオパタカ(日本円換算:約140円、12歳以下と65歳以上は無料)で、世界で最も安価でジャイアントパンダを見学できる施設として知られる。IAMによれば、通年の入場料収入は90万マカオパタカ(約1260万円)程度とのこと。

 石排灣郊野公園内にはジャイアントパンダパビリオンのほかにも、レッサーパンダとキンシコウ(金絲猴、ゴールデンモンキー)を飼育、展示する希少動物館などの動物園コーナーが設けられており、無料開放されている。

マカオジャイアントパンダパビリオン(資料)=2021年2月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年1月24日発刊 (2月号 vol.104」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース