マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのIRスタジオ・シティに大型レジャープール「ウォーターパーク」がオープン

観光2021/05/22 18:08

 マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ マカオ(Studio City Macau)」内に5月22日、大型レジャープール施設「スタジオ・シティ・ウォーターパーク」をがオープンした。最新観光アトラクションとして注目を集めそうだ。

 ウォーターパークは高さ20メートルを誇る5コースのスライダー「ハイポイント・ツイスター」、3分毎に1.8トンの水を撒き散らす巨大バケツほか60以上の水を使った仕掛けを備える「ゴールデン・バゲット」、川下り気分を味わえる全長450メートルの流れるプール「リバースケープ」、人工ビーチ、噴水とスライダーが魅力というキッズエリア「リトル・ラグーン」などで構成される。

スタジオ・シティにオープンした「ウォーターパーク」のエントランス=2021年5月22日本紙撮影

 運営会社のメルコリゾーツ&エンターテインメントでは、ウォーターパークはあらゆる年齢層のゲストに適した水のワンダーランドであり、リゾートスタイルの快適さと楽しさを提供できるとした。

 ウォーターパークの入場料はワンデーパス(1日券)が388マカオパタカ(日本円換算:約5300円)、営業期間中(オープン初日から10月末まで、ブラックアウトデイあり)何度でも入場できるシーズンパスが1088マカオパタカ(約1万5000円)。スタジオシティ併設ホテルの宿泊とセットになったパッケージも用意されている。

ウォーターパークのスライダー「ハイポイント・ツイスター」=2021年5月22日本紙撮影

 このところマカオでは連日最高気温30度を上回る暑い日が続いている。南国マカオの夏は長く、5〜10月頃が遊泳シーズンとなる。

 スタジオ・シティ マカオは2015年10月の開業。2つのホテル棟の間には世界初の「8の字」観覧車が設置されており、アイコン的存在となっている。現在、第2フェーズ拡張工事が進められている。

ウォーターパークのキッズエリア「リトル・ラグーン」=2021年5月22日本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年8月24日発刊 (9月号 vol.099」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース