マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの観光クルーズ船が新路線開設…世界遺産・媽閣廟前とコロアン島のコロアンヴィレッジ結ぶ

観光2021/07/02 11:21

 海の上からマカオを望む新たな観光アトラクションとして2018年12月に登場した「マカオクルーズ(澳門海上遊)」。

 これまで、タイパ島・北安地区にあるタイパフェリーターミナルとコロアン島・コロアンヴィレッジにあるコロアンピア、マカオ半島のマカオフィッシャーマンズワーフとコロアンピアを結ぶ2路線体制だったが、新たに世界遺産・媽閣廟前の媽閣ピアとコロアンピアを結ぶ新路線が7月1日から開設された。

 マカオクルーズを運営するシュンタック・チャイナトラベル・シップマネジメント社の発表によれば、媽閣ピアとコロアンピアを結ぶ新ルートは毎週木曜日から日曜日までの運航で、運航本数は1日6往復とのこと。所要時間は約25分。料金は片道1人あたり60マカオパタカ(日本円換算:約840円)。

「マカオクルーズ」の船体イメージ(写真:Shun Tak-China Travel Ship Management Limited)


「マカオクルーズ」が運航する3路線のイメージ(写真:Shun Tak-China Travel Ship Management Limited)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年1月24日発刊 (2月号 vol.104」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース