マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府旅遊局が大型IR施設内に特設観光案内所設置

観光2021/08/02 09:24

 マカオ政府旅遊局(MGTO)は8月1日、マカオの観光コンテンツのプロモーションを一層拡大するため、6つの大型IR(統合型リゾート)内に特設観光案内カウンターを設置し、同日から稼働を始めたと発表。

 観光案内カウンターが設置されるのは、MGMコタイのスペクタクル(中央吹き抜け)、ウィンパレスのビジネスセンター、スタジオシティのロビー、グランドリスボアのロビー、ギャラクシーマカオのG階(フードコート近く)、ヴェネチアンマカオのウエストロビーで、オープン時間は午前10時〜午後1時、午後2時〜午後7時。

 MGTOの観光案内所は空港やフェリーターミナル、陸路のイミグレーション施設、主要観光名所近くにあるが、IR施設への特設観光案内所の設置は初めての試みとなる。

IR施設内に設置された特設観光案内所(写真:MGTO)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース