マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオIR運営大手GEGが2021年2Q及び1Hの業績発表…漸進的な回復の兆し続く=ラッフルズホテルは2022年早期開業予定

カジノ2021/08/12 17:23

 マカオ政府とカジノ経営コンセッションを結ぶ6陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(GEG)は8月12日、今年第2四半期(2021年4〜6月期)及び上期(1〜6月)の業績を公表。

 同社発出のプレスリリースの内容によれば、上期のグループの純売上高は前年同期比71%増の107億香港ドル(日本円換算:約1518億円)、前年同期はマイナス11億香港ドル(約156億円)だった調整後EBITDAは20億香港ドル(約284億円)、株主に帰属する純利益は同じくマイナス29億香港ドル(約411億円)から9億香港ドル(約128億円)に。第2四半期のグループの純売上高は前年同時期から44億香港ドル(約624億円)、今年第1四半期から5億香港ドル(約71億円)のそれぞれ増となる56億香港ドル(約795億円)、調整後EBITDAは前年度同時期のマイナス14億香港ドル(約199億円)、今年第1四半期の8億5900万香港ドル(約122億円)から11億香港ドル(約156億円)に。また、今年第1四半期の調整後EBITDAは4億4400万香港ドル(約63億円)の損失だったが、直近12ヶ月間では21億香港ドル(約298億円)の黒字へ転換したとのこと。効果的なコスト管理の継続により漸進的な回復の兆しが続く状況。

 コタイ地区にある旗艦IR(統合型リゾート)ギャラクシー・マカオの第3および第4フェーズ拡張計画については、2021年3月に発表した新ホテル「ラッフルズ アット ギャラクシー マカオ」(全室スイート、約450室)のオープン予定時期を今年下半期から2022年早期に変更した。これに続いて、MICEおよびエンターテインメント市場の回復を見込み、MICE施設の「ギャラクシー・インターナショナル・コンベンション・センター」と新ホテル「アンダーズ マカオ」が開業予定という。

 このほか、モナコ公国のモンテカルロSBMとともに、日本の長期的な見通しに関心を持っているとのこと。

 GEGはマカオを本拠地とし、マカオ半島で「スターワールドマカオ」、コタイ地区で「ギャラクシーマカオ」、「ブロードウェイマカオ」の各カジノIR(統合型リゾート)、中小ホテルに併設するフランチャイズ形式のカジノ施設「シティクラブ」を運営している。

GEGの旗艦IR施設「ギャラクシーマカオ」の俯瞰(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

GEGの旗艦IR施設「ギャラクシーマカオ」の俯瞰(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース