マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

FIAがF3ワールドカップなど3レースのマカオ開催見送り発表

観光2021/08/20 09:41

 国際自動車連盟(FIA)は8月19日(マカオ時間)、F3(フォーミュラ3)ワールドカップ、GTワールドカップ、ワールドツーリングカーカップ(WTCR)の3レースについて、今年のマカオ開催を見送ると発表。

 マカオでは、新型コロナ防疫対策の一環として、海外からの入境者に対して21日間の隔離検疫を受けることなど厳格な要件が定められている。FIAによれば、今後しばらくの間、この措置が維持されることをマカオ当局と確認したとし、大部分のチームが海外から参戦するため、各種防疫措置を遵守することが難しい状況であり、今年のマカオ開催を見送ることにしたとのこと。ただし、来年については開催したい意向を示している。

 3レースは例年11月に4日間にわたって開催されるマカオグランプリの目玉レースと位置付けられているが、昨年に続き、2年連続でのキャンセルとなった。昨年の第67回大会は、F3をF4に代替するなどした上、日程も例年より1日短い3日間とする異例の状況下で開催された。今年の第68回大会は11月18日から21日までの4日間開催予定とされているが、開催レースの詳細は未発表。昨年は開催概要の発表が9月上旬にずれ込み、日程短縮は11月に入ってからアナウンスされた。

 マカオグランプリは1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典。会場は市街地の一般道路を転用した全長6.2kmの「ギアサーキット」。

マカオグランプリのイメージ(資料)=2019年11月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年9月24日発刊 (10月号 vol.100」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース