マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ドンキのマカオ1号店、コンセプトは「本物の日本」…オープンキッチンと屋台で日本グルメの展開も

澳日関係2021/08/28 19:39

 本紙既報の通り、「DON DON DONKI(ドンドンドンキ)」マカオ1号店が9月9日、マカオ半島北部のファイチーケイ(筷子基/Fai Chi Kei)エリアにオープン予定となっている。

 DON DON DONKIは、ドン・キホーテなどを傘下に持つ日本の流通大手のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)が海外において日本製もしくは日本市場向けの商品や、日本産品を低価格で提供するジャパンブランド・スペシャリティストアで、香港やシンガポールなどで展開している。日本国内のドン・キホーテとはコンセプトがやや異なり、より「日本らしさ」を打ち出しているのが特徴だ。

 マカオの店舗を運営するPPIHグループのマカオ・パシフィック・リム・リテール・マネジメント(PRRM)が8月27日に発出したプレスリリースによれば、マカオ1号店の面積は1776平米で、24時間営業を予定。コンセプトは「本物の日本」とのこと。日本国内のドンキ店舗でお馴染みの独特のPOPやデコレーションも再現されるという。取扱商品については、食品、フルーツ、寿司・刺身、肉類、デリカテッセン、酒類、健康・美容、雑貨、スポーツ用品、玩具、ペット用品等。店内には、ゲストの目の前で和牛、丼物、焼き鳥、鉄板焼きを調理するオープンキッチンコーナー、焼き芋、おでん、コロッケ、クレープといった日本のストリートフードを提供する屋台コーナーも設けられ、日本の飲食文化を体験できるとしている。

DON DON DONKIマカオ1号店のイメージ(写真:PRRM)

 また、近年環境保護意識が高まっているマカオへの進出にあたり、使い捨てプラスチック製レジ袋は採用せず、重複利用可能なショッピングバックのみを提供するとしたほか、電池回収ボックスの設置、フードロス軽減のための各種対策に積極的に取り組むとした。

 香港やマカオの人々の間で、日本は旅行先として特に人気が高い。しかしながら、新型コロナの世界的流行が長期化する中、ボーダーを跨ぐ移動が困難となり、訪日旅行も叶わない状況が続いている。香港では、「日本ロス」という言葉が出現し、少しでも日本を感じるため、DON DON DONKIをはじめ、香港にある日本ブランドの店舗へ通う人も多くいるという。マカオでもDON DON DONKIのオープンに対する期待感は大きく、同様の動きが見られそうだ。

DON DON DONKIマカオ1号店のイメージ(写真:PRRM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年9月24日発刊 (10月号 vol.100」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース