マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

「横琴」が広東省とマカオの共同開発区に

珠江デルタ2021/09/06 14:21

 このほど、中国共産党中央委員会と国務院が「横琴粤澳門深度合作区建設総体方案」を発表した。

 横琴(マカオ南部と水路を挟んで隣接する広東省珠海市に属する島)を粤(広東省)と澳(マカオ特別行政区)の共同開発区とする計画の概要を示したもの。マカオの産業多角化を実現する条件を整えることでマカオの長期的な繁栄と安定を促進し、国全体の発展に統合することを目的として掲げている。共同開発区となる横琴の面積はマカオの約3倍にあたる106平方キロメートル。

 本案では、共同開発区内でマカオ経済の適度な多元化に寄与するIT関連や漢方薬などの技術研究開発・高付加価値製造業、文化、観光、MICE、貿易産業、現代金融産業の誘致、育成を図る方針を示している。また、企業所得税優遇政策、内外からの優秀な人材の吸引、革新的なクロスボーダー金融管理、区内の金融市場とマカオ・香港のオフショア金融市場との連携強化、電子ボーダーフェンスシステムの構築を模索することなどを通じ、区内の金融市場の高度な自由化を推進するとのこと。

 また、マカオLRT(新交通システム)の区内への延伸乗り入れを実現し、(すでに横琴まで開通済みの)中国本土の鉄道ネットワークとの連携、珠海空港及び珠海港との機能的連携を図るなど、インフラ施設の相互接続・相互運用の促進も強化するとしている。

 なお、マカオと横琴の間にある既存のボーダーは「第一線」として機能が維持され、横琴とその際の中国本土の間に新たに「第二線」が設けられる。第二線については人の往来は制限せず、貨物の管理を対象としたものになる模様。

マカオ(手前)から横琴の高層ビル群を望む(資料)-2020年7月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年9月24日発刊 (10月号 vol.100」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース