マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、新型コロナ市中感染確認例相次ぎ出現…累計74人に=三度目の全市民対象PCR検査スタート

社会・政治2021/10/04 22:01

 マカオ政府新型コロナウイルス感染症対策センターは現地時間10月4日夜、同日2人目、3人目の新型コロナ感染確認例を相次ぎ発表。マカオにおける新型コロナ感染確認者数は累計74人に。

 第73例の患者はマカオで内装工として就労し、マカオ半島・祐漢エリアに居住する中国本土出身の男性。4日午前に感染確認された第72例の患者と同じ現場で働いていたことから、密接接触者として隔離検疫の対象となっていた。7月3日と8月3日に新型コロナワクチンを2回接種済みで、9月26日と30日に受けたPCR検査結果は陰性だったが、密接接触者として4日に受けたPCR検査結果が陽性となり、感染確認に至った。

 第74例の患者はマカオで就労するベトナム国籍の男性。第72例及び第73例の患者と同じ現場に居合わせたという。9月15日に新型コロナワクチンの1回目の接種を受けていたとのこと。第73例の密接接触者として4日に受けたPCR検査結果が陽性となり、感染確認に至った。

 目下、衛生当局が第73例と74例の感染経路の調査を進めているとのこと。第72例の患者についても、これまでのところ感染経路不明となっている。

 第72例の患者が確認された後、患者の住居滞在先のホテル及び作業場となった建物など市内複数箇所が局地ロックダウン(閉塞管理)となっており、新たに第73例の住居周辺についても局地ロックダウンが実施されている。

 マカオでは、4日午後9時(マカオ時間)から全市民及びマカオ滞在者(旅客等)を対象としたPCR検査がスタートした。全市民PCR検査の実施は8月初旬、9月下旬に続いて三度目となる。第一次、第二次はいずれも全員陰性だった。第三次の検査期間は過去二回と同様の72時間以内だが、衛生当局は目標として48時間以内の完了を掲げている。

 マカオ政府は市中における伝播リスクが存在するとし、市民に対して家中に留まるよう呼びかけている。

三度目の全市民対象PCR検査の実施に向けた会場の消毒作業の様子=2021年10月4日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年9月24日発刊 (10月号 vol.100」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース