マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、新型コロナ「不活化ワクチン」の接種適用下限年齢を18歳から12歳へ引き下げ

社会・政治2021/10/18 12:35

 人口約68万人マカオでは、今年(2021年)2月上旬から新型コロナワクチン接種がスタート。ワクチンの在庫は初期から充足しており、市内各所に接種ステーションが設けられ、接種費用は無料だ。広く市民が接種を受けることができる体制が整っている。

 目下、マカオでは、中国医薬集団(シノファーム)製の不活化ワクチンとドイツ・ビオンテック製のmRNAワクチン「Comirnaty」の2種類のワクチンが使用されている。市民は、いずれかの中から希望する方の接種を受けることができるが、2つのワクチンには接種対象が規定されているため、年齢等の条件によって選択肢がない場合もある。

 10月18日付のマカオ特別行政府公報において、同日から不活化ワクチンの接種対象下限年齢を18歳から12歳へ引き下げる旨の行政長官令が掲載された。これにより、マカオにおける不活化ワクチンの接種対象は「満12歳以上かつ60歳未満と健康状況が良好でリスク暴露度の比較的高い60歳以上」となる。

 なお、もう一方のドイツ・ビオンテック製のmRNAワクチン「Comirnaty」の接種対象については、従来から「12歳以上」とされている。

 マカオ政府は免疫の壁を構築するため「接種率7割」を目標として掲げているが、これまでのところ約6割にとどまっている。中でも、20歳未満と60歳以上が大きく低迷している状況。20歳未満の接種率は4割弱となっており、選択肢が増えることによる接種率の向上が期待される。

新型コロナワクチン接種を受けるマカオ市民(資料)=2021年5月20日、マカオフォーラム(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年1月24日発刊 (2月号 vol.104」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース